dorivenの日記

気がついたら社会人。気になる技術的なことについて少しずつ書いていけたらと思っております。

dockerのcomposerコンテナでpackagist.jpを使う方法

phpやcomposer周りはコンテナを活用しているが、packagist.orgを使っていると日が暮れてしまう。
公式のcomposerコンテナでpackagist.jpを使う方法を調べたのでここに記載する。

TL;DR;

すでにホストOS側でpackagist.jpを使う設定をしている場合 - composer home(特に設定していなければ ~/.composer )を/tmpにマウントすればよい。 - dockerコマンドであれば -v ~/.composer:/tmp オプションを付与すれば良い。

続きを読む

直感的に使えるPHPコマンドラインオプションパーサーを作った

(この記事はQiitaに同様のものを同じ人が投稿しています)

https://packagist.org/packages/d0riven/php-flags#0.1

TL;DR;

自分が欲しいPHPコマンドラインオプションパーサーがなかったので作った。 このライブラリはドキュメントを見なくても使えるくらいシンプルかつ型チェックが行えるコマンドラインオプションパーサーである。 PHPライブラリを作ったことで色々と周辺技術や最新のCIなどを学べて良かった。

続きを読む

しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識

筆者はコンテナ技術であるDockerを既存システムの開発環境の構築やバッチの実行環境として仕事で触れている程度の能力。

TL;DR;

  • 全体的にざっくり抑えられた入門書であるが、仕事で使うレベルまでの知識は得られない
  • 3~4割近くがkubernetesの裏側の仕組みの説明をされているので、その部分が興味がない人は冗長に感じるかもしれない
  • Azureじゃなくても慣れているクラウドk8sマネージドサービスでハンズオンの環境としての代替は可能
続きを読む

【書評】速習webpack

速習webpack 速習シリーズ

速習webpack 速習シリーズ

  • 作者:山田祥寛
  • 出版社/メーカー: WINGSプロジェクト
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: Kindle

TL;DR

2年近く前に書かれた本だが本の内容の古さはそこまで感じず、webpackの全体像を理解する上で非常に参考になった + 写経もしやすい本だった。 ただし、内部で取り扱われているライブラリ(特にbabel)が古くそのままでは動かないソースコードもあったり一部コードが誤っていたりする部分があった部分で写経の時にもたつかされてしまったのは気になるポイントではある。 だがそれを差し引いてもwebpackを素早く身につけられるので、現状においてはwebpackを知りたい人にはおすすめ。

続きを読む

【書評】速習TypeScript: altJSのデファクトスタンダートを素早く学ぶ! 速習シリーズ

速習TypeScript: altJSのデファクトスタンダートを素早く学ぶ! 速習シリーズ

速習TypeScript: altJSのデファクトスタンダートを素早く学ぶ! 速習シリーズ

  • 作者:山田祥寛
  • 出版社/メーカー: WINGSプロジェクト
  • 発売日: 2017/06/21
  • メディア: Kindle

TL;DR

ほとんどブラウザでES2015(ES6)を使える現在に何かしらでjavascriptを書いたことがある人はこの本で学べることはTypeScriptの記法は型の定義とtsconfig.jsonくらいである。 今読むべき本か、と聞かれると正直微妙ではある。 ただES6に触ったことがない人はES6の記法などが学べるので良さそうではある。

続きを読む

【書評】React入門 React・Reduxの導入からサーバーサイドレンダリングによるUXの向上まで

TL;DR

本書は入門とは書いてあるがプログラミング初心者向けの本ではなく、ネットなどで調べつつ改変をしながら写経を行える程度の実力(中級者と呼ぶべきか)が必要な本である。 写経をするにしてもコードの全体像が見えづらく、素直に写経をさせてくれず遠回りをさせられることも多くReactを学びたいという中級者も苦労する部分がある。 また技術的な変遷が早い分野を取り扱っているのもあり、いくつかの紹介されている技術は古いのでもしあるのであれば本書よりも新しい別なReact + Reduxを扱っている入門書を取ったほうが良いと感じた。

続きを読む

【書評】現場で役立つシステム設計の原則~変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法

この本を手にとった理由

DDDの具体的な実装部分の理解を深めたいと思い、手に取った次第。
DDDを学ぶ以前から気になっていた本ではあったのだが、amazonのレビューを見ると手放しでは賛同できないような意見もあるらしく、そういった箇所を自分で判断して無視できるくらいまで手はつけられないなーと思い放置していた。
DDD本やIDDD本(半分くらい読んでどちらも積んでいるけど…)、もちこちゃんのドメイン駆動設計本やDDDに関する記事を読みすすめるうちにもっと体系的にまとまりつつも、そこまで小難しくなくコードも含めた具体的な例が載っている本が欲しくなった。
かとじゅん@オーバークロック @j5ik2oさんがDDDの知識として有用と言及していたのも押して手を付けてみることにした。

続きを読む